2009年12月31日木曜日

[続・野鳥] ドバト(イワバト)

_


● ロック・ドーブ(ドメステイック・ピジョン):土鳩


 どこにでもいる鳩。
 日本ならドバト(土鳩)。
 ここだと岩鳩。
 Rock Dove (Domestic Pigeon):ロック・ドーブ(ドメステイック・ピジョン)
 和名:ドバト(俗称:カワラバト、イワバト、ウチバト)
 ドバトは土鳩あるいは堂鳩と書く。
 堂鳩はお寺の境内でよく見かける鳩から転じている。

 とりたてて取り上げる必要もない鳥だが。
 ときどき面白い模様のヤツがいる。
 いわゆる「ぶさいくー」。

video

 一覧ということでリストしておきます。




[◇] 

 実吉達郎著『おもしろすぎる動物記』の「ハトの育雛」から。


■ヒナをミルクで育てる鳥はハトくらいのものだ

 4亜科、43属、255種もあって、あらゆる環境に適応すると評されているのがハト科の鳥たち。
 それほどに発展した理由の1つは、ハトが"ミルク"でヒナを育むからである。
 多くのハトは豆や草の実などを食う。
 それが嗉嚢(そのう)にたくわえられ、多くの水分が加えられる。
 ハトは実によく水を飲む鳥で、それも一口ずつ水を咽喉に流しこむのではなく、吸い込んで飲む。
 そのような多くの水分を補給されて、嗉嚢の左右の壁が肥厚し、蓄えられた食物がチーズ状の乳糜(にゅうび)という成分に変化する。
 その時期は、ハトのメスオスが昼夜交代で卵を抱き始めて、10日ほどで経ってからである。
 卵から生まれたハトのヒナは、親の口の中にクチバシを突っ込んで、そのチーズ状の物質をもとめる。
 親は嗉嚢の中から振り出すようにして、ヒナにそれを給餌する。



 この物質が、「ピジョン・ミルク」である。
 ピジョン・ミルクはオスバトにも生じる。
 すなわちヒナは父からも母からも「ミルクをもらえる」ことになる。
 この父バトのピジョン・ミルクの分泌は微妙で、父バトがその配偶者であるメスバトが「卵を抱いているところを見ていることで分泌される」という。
 その反対に配偶者が変わると、ピジョン・ミルクの生産は減るのである。
 ピジョン・ミルクの栄養分は豊富で、その主成分はタンパク質・脂肪・ミネラル・アミラーゼ・ビタミンAそれにビタミンBである。
 ハトの父母は何日もピジョン・ミルクだけでヒナを育てるが、やがて草の実や豆類をミルクに混ぜて与えるようになり、ヒナは1カ月で巣立ちする。




 ハトは食べてはいけないと言われているが、もしかしたらこの乳糜が人間にとって害になるのかもしれない。
 が、中国ではドバトは普通に食用にされており、ヨーロッパ、中近東でも食用にされているとWikipediaにあるので、さほどの害はないのかもしれない。
 ちなみに新宿には「すずめのお宿」という野鳥料理屋があってスズメを食べたことがあったが、「はとのお宿」というのは聞いたことがない。






【Top-Page】



_

2009年12月30日水曜日

野鳥とあそぶ[続(補)]:ダスキー・ムーレン

_



● Dusky Moorhen:ダスキー・ムーレン


野鳥とあそぶ[続(補)]:ダスキー・ムーレン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 雨後の4番目の水鳥はネッタイ・バンである。
 雨が上がり、水路の激流もおさまって水面も静かになってきた。
 いつも見かけるセイケイがツガイでいた。
 ちょと羽の色の黒紫は明るいかなと思って写真に撮っておいた。

 帰ってきて、整理してみた。
 「アレ!」と思った。
 クチバシの先端が白い。
 セイケイは全体が赤っぽい。
 別の鳥だろうか、それともセイケイの幼鳥だろうか。
 不審に思い図鑑で調べてみた。
 出てきたのが、「Dusky Moorhen」。
 私にとっては初めての鳥であったが、調べてみたら結構ポピラーな鳥らしい。

 




















 おざなりに撮ってしまったが、はじめての鳥ならもうすこしマトモに撮っておけばよかった、と思ったが後の祭り。


● [Wikipedia]より


 サイトで面白かったのはこれ。


ネッタイバンをバードウオッチング
http://tyokoro.at.webry.info/200703/article_18.html

 ご主人は、昨日おこわを焦げ付かせたんで、鍋を洗った後、排水溝にいっぱいご飯かすがついてるんだ。
 ネッタイバンが食べてるよ。


 「バン」などという名前の鳥、まったく知らなかった。
 日本語Wikipediaで調べてみた。




 バン・学名Gallinula chloropus)とは、ツル目クイナ科に分類される鳥。
 体長は35cmほどで、ハトくらいの大きさ。
 成鳥のからだは黒い羽毛におおわれるが、背中の羽毛はいくらか緑色をおびる。
 額にはくちばしが延長したような「額板」があり、繁殖期には額板とくちばしの根もとが赤くなる。
 足と足指は黄色くて長く、幼鳥はからだの羽毛がうすい褐色で、額板も小さい。

 オセアニアを除く全世界の熱帯、温帯に広く分布し、中央アジアや沿海州、アメリカ東部などで繁殖したものは冬には暖地へ移動する。
 日本では東日本では夏鳥で、西日本では留鳥となる。
 分布域が広く、地域ごとにいくつもの亜種に分かれている。

 湖沼、川、水田、湿地などに生息するが、公園の池などにも生息することがある。
 長い足を高く上げながら水際や浮いた水草の上を歩き回る。
 泳ぐことも水にもぐることもできるが、足に水かきはなく、尾が高く上がった前のめりの姿勢でぎこちなく泳ぐ。
 食性は雑食性で、昆虫、甲殻類、植物の種などいろいろなものを食べる。
 水辺に巣を作るが、ヒナは生まれてすぐに歩くことができ、巣立ちも早い。
 成鳥はひと夏に2回繁殖することもあるが、2度目の繁殖では1度目のヒナがヘルパーとして両親の手助けをすることもある。


 「Moorhen」とは「バン」、「dusky」とは「黒っぽい」ということだから「黒っぽいバン」ということになる。
 和名で「ネッタイ・バン」という。
 Wikipediaでは「オセアニアを除く」とあるが、これどういう意味であろうか。

 ダスキー・ムーレンのビデオは調べるとたくさんあります。
 その中から3本だけ挙げておきます。

 (Wikipediaにもあります)

Dusky Moorhen
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tzctmodmy0s
http://video.google.com/videoplay?docid=4625690067423524832#
http://www.istockphoto.com/stock-video-11216435-dusky-moorhen.php


 


【Top-Page】




folder(F70)_

野鳥とあそぶ[続(補)]:インターメデイエイト・イグレット

_



● Intermediate Egret:インターメデイエイト・イグレット


野鳥とあそぶ[続(補)]:インターメデイエイト・イグレット
━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━

 雨後の3番目の鳥はシラサギである。
 はじめはダイサギだと思った。
 というのは、先日見たダイサギと、ものの200mくらいしか離れていないところで出会っているので、同じ鳥だろうと思ったのである。

 帰ってきて、写真を整理した。
 ちょっと顔の部分を拡大してみた。
 「エッツ、これチュウサギ?」

 この2つ、形は全く同じ。
 が、ダイサギの大きさは90cm、これに対してチュウサギは63cmとある。
 これだけの差があれば、大きさからいってすぐ分かるはずだ。
 でも、これがなかなか難物。
 下にダイサギとチュウサギを載せありますので、これで大きさを比較狭量できると思いますが、できますか。
 まず、できないでしょう。

 そこで、使っているのが「野鳥と遊ぶ」に載せてあった、区分法。



 「口角切れ込み判別法」というものである。

 先日であったダイサギと見比べてみた。
 下がそのときのダイサギ。



 頭の部分を拡大してみると、確かに「口角切れ込み」なるものが明瞭にうかがえる。



 下は今朝の鳥。
 少しだがある。

 

 がこれを反対側からみてみる。
 ダイサギのような切れ込みはない。


 もし、この判別法が正しいなら、チュウサギになる。

 
もう一つ気になったのが、クチバシの色。
 ちょっと黒っぽい。
 もしかしたら、これ幼鳥かもしれない。
 成鳥になると黄色くなるのでないかと思われます。













 
 和名:チュウサギ
 Intermediate Egret:インターメデイエイト・イグレット」


 なを、チュウサギの解説は「野鳥と遊ぶ:ダイサギ」を参照してください。
 その欄からビデオをコピーしておきます。
 
 チュウサギのビデオ

★ Wild intermediate Egret caught a flog and swallowed it in the field of Japan
http://au.youtube.com/watch?v=jkcWIItjQGw

★ Intermediate Egret.wmv
http://au.youtube.com/watch?v=uQk0D9loHVo&feature=related


 はじめのものは日本の水田際で撮られたもので、カエルを捕らえて食するところが写っています。




【Top-Page】



_

2009年12月27日日曜日

野鳥とあそぶ[続(補)]:リトル・パイド・コーモラント




● リトル・パイド・コーモラント Little Pied Cormorant



野鳥とあそぶ[続(補)]:リトル・パイド・コーモラント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 雨の日とかその直後の日などには水鳥に会える確率が高くなる。
 前稿の「ササゴイ」もそうだったが、この鳥もそうである。
 仮称クイナ通りでクイナを狙っていたが失敗してしまい、ダイサギを撮っていた。
 そこへこの鳥がバサリときて斜横の木へ止まった。
 でかい。
 ダイサギは名前のように大きいが、細長いロユソクのような鳥で、羽が真っ白でしつこいくらいに地面に映える。
 が、この鳥、大きいわりにしては冴えない。
 ちょうど雨間の間のことで、空は曇っていたため、うすぼんやり風景でシロクロの黒の方が優勢であったせいか、これだけの鳥が止まっていながら、一瞬それを見失う感じすらもったほど。
 60cmとある。
 あのコカツーですら50cmはない。
 木に止まる鳥としてはまちがいなくでかいほうだ。

 リトル・パイド・コーモラント:Little Pied Cormorant
 和名:シロハラコビトウ
 漢字では「白腹小人鵜」。
 このでかさで「コビト」というところが、理解しにくいところである。
 ただ「Little」を当て字で翻訳しただけか。
  
 スクリーンをのぞいて「鳥がいない?」
 「そんな」
 と、何度か思った。
 「あの曲がった枝がこれだとすると、このあたりで、この部分が鳥になるはずだ」
 と、60cmもするでかい鳥を探すに苦労するという変てこな環境。
 もっといい位置でと思って動いたら、逃げられた。
 もし、近くなら追っていこうと思ったが、飛び去ってしまった。

 そんな雨の合間の、空は曇り、写真の条件が最悪ということで、まともには写っていない。
 でもそこそこ見られそうなものをすべて載せておきます。


















 サイトから写真を。


● [Wikipedia]より


 別の写真を「The Internet IBC Bird Collection」より

http://ibc.lynxeds.com/photo/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/bird-perched-riverside-vegetation


http://ibc.lynxeds.com/photo/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/bird-perching-branch-water





 日本語サイトから


オーストラリアの野鳥
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/4207/australia/cormorant.html
 小さな白黒ツートンカラーのウで、嘴は黄色または茶色がかった黄色。
 下面が錆色のものもいる。
 成鳥:白黒模様のウで、脇腹に黒い斑点がなく、嘴が黄色いのは本種だけ。
 幼鳥:脇腹に黒い斑点があり、嘴は黄色の下地に茶色。単独でいることも群でいることもある。
 Little Black Cormorantといることもある。
 飛んでいる時はV字型の編隊は組まない。
 オーストラリア本土とタスマニアの淡水や河口に普通に見られる留鳥、または漂鳥。開けた海辺にはほとんどいない。



chiemomo
http://www.chiemomo.com/BIRD/FGCNS/Bird/file_bird/Little%20Pied%20Cormorant.html
 日本では鵜飼いで知られるウのなかま。
 白黒でペンギンのような配色をしている。
 内陸の湖沼や河川で見ることが多いが,センテナリーレイクで魚をとっていたり,
夕方市内の木に集まって休んでいるのを見ることもある。
 一回り大きくよく似た種類にマミジロウ[P.varius]がいるが、ケアンズ近辺ではあまり見ない。


 ビデオを。

Little Pied Cormorant
http://www.youtube.com/watch?v=ip1hS_FlKno

Cormorant eats parrot fish
http://www.youtube.com/watch?v=1LJ082tvwV4&feature=related


 ヒナのコーモラントが面白い、必見。
 「The Internet IBC Bird Collection」より。


http://ibc.lynxeds.com/video/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/white-throated-morph-adult-young-nest-then-yo

http://ibc.lynxeds.com/video/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/white-throated-morph-adult-feeding-young-nest


 羽が何ともすばらしい。
 「The Internet IBC Bird Collection」より。

http://ibc.lynxeds.com/video/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/bird-preening-opening-wings

http://ibc.lynxeds.com/video/little-pied-cormorant-phalacrocorax-melanoleucos/bird-drying-wings





【Top-Page】



_

2009年11月28日土曜日

野鳥とあそぶ[続(補)]:ストリエイテッド・ヘロン




● ストリエイテッド・ヘロン Striated Heron



野鳥とあそぶ[続(補)]:ストリエイテッド・ヘロン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「野鳥と遊ぶ[続]」の終了宣言をしたが、その後もフィグバード抱卵模様、フライアーバード抱卵模様、ふくろう消息と書いている。
 鳥の方がやめさせてくれない。
 でも、心理的には終了したことは間違いなく、あくまで書いているものは付け足しの「補」のつもりである。
 その「補」にもう一つ付け加えておく。
 終了宣言をした後で、クリークで出会った鳥である。



 前日は大雨であった。
 よって、何か面白いことに会えそうな気がしてクリークに出かけた。
 でも何もなく、クリークは終わってしまった。
 「つまらんな」、と内心落胆していたとき、クリーク端のフェンスに止まっていたのが、この鳥である。
 見た目ですぐにわかったのは「サギ」だということ。

 ストリエイテッド・ヘロン
 Striated Heron
 和名:ササゴイ 笹五位

 図鑑で調べてみる。




● [Australian Birds] より


 「ササゴイ」と呼ばれているサギは図鑑によるとここでは2種類いる。
1.grey-backed form
2. rufous form

 grey-backed つまり「グレー種」は北海岸から東海岸に生息し、rufous つまり「赤褐種」は北海岸から西海岸に見られ、ときに東海岸でも見受けられることがあるという。
 あわせて俗称「マングローブ・ヘロン」として知られているサギである。
 図鑑の右側のものは幼鳥のときの姿です。

 出会ったものは中央の「grey-backed form」で拡大してみます。


● [Australian Birds] より



● [Wikipedia] より

 このWikipediaのものはえらく美しいですね。
 青が効いている。
 ほんとうにこういう色をしているときがあるのでしょうか、ちょっと首をかしげてしまうが。












 数枚撮ったとき、いらぬヤツがちょっかいを出しにきた。
 背景になっているのは住宅の塀で、その上に止まっていたマグパイが低空で威嚇するように降りてきたのである。



 一度、向こう側でとまり、さらにはササゴイの頭を越えるような凸字カーブを描いて、フェンスの手前側に場所を移した。
 まったく、嫌味な鳥である。





 当然のことながら、ササゴイはそれを嫌って飛んでいってしまった。
 「マグパイのバカ!




 「ササゴイ」は「笹五位」と書くので、あれと思った。
 「五位」とくれば、朝廷が授ける位になる。
 「正五位」とか「従五位」とか。
 だいたい武家大名はそのくらいに当たる。
 位をもつ鳥ということで、古来から公家貴族に愛でられた鳥なのかと思った。
 笹は体の模様からきているようである。
 でも五位の由来は書いていない。
 公家さんの好みそうな容姿をしていると思うのだが。
 どうだろう。

 日本語wikipediaから。

 アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部および東部、インドネシア、オーストラリア、ソロモン諸島、日本、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカル。
 ヨーロッパ、西アジア、北アメリカ北部を除くほぼ全世界に分布する。
 北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡り越冬する。
 日本では夏季に本州、四国、九州に飛来(夏鳥)し、冬季になると九州以南で越冬する(冬鳥もしくは留鳥)。

 全長40-48cm。
 翼開張62-70cm。
 体重0.1-0.3kg。
 全身は青みがかった灰色の羽毛で被われる。
 額から後頸にかけては青みがかった黒い羽毛で被われる。
 翼の色彩は青みがかった黒褐色で、羽毛の外縁(羽縁)は白い。
 白い羽縁も含めた羽が、ササの葉のように見えることが和名の由来と考えられている。
 虹彩は淡黄色。
 眼先は羽毛が無く、黄色い皮膚が露出する。
 嘴は細長く、色彩は黒い。
 後肢の色彩は黄色。
 幼鳥は上面が濃褐色、下面が白いの羽毛で被われる。
 下面には褐色の縦縞が、翼には白い斑点が入る。
 
 繁殖期には眼先が青くなり、後肢の色彩が赤みを帯びる。
 河川、湖、池沼、湿原、水田、海岸などに生息する。
 単独もしくはペアで生活する。
 薄明薄暮性、昼間は水辺の樹上で休む。
 昼間や夜間に活動することもある。
 静止時には軽侮をアルファベットの「S」事情に曲げていることが多い。
 食性は動物食で、魚類、両生類、甲殻類などを食べる。
 水辺で獲物を待ち伏せて捕食する。
 一部の個体群(例として日本では水前寺成趣園周辺の個体群)では水面に物を落とし、近づいてきた獲物を捕食する。
 繁殖形態は卵生。
 番いか小規模な集団繁殖地(コロニー)を形成して繁殖する。
 樹上に雄が巣材となる木の枝を運び、雌がそれを組み合わせた巣を作る。
 日本では5-6月に3-4個の卵を産む。
 雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は21-25日。
 育雛は雌雄共同で行う。
 雛は孵化してから40-45日で巣立つ。



 「ササゴイ」で検索すると山のようなサイトが出てくる。
 が、この地で撮った「
Striated Heron」のビデオがみあたらない。
 探しあてましたら、載せるようにします。



【Top-Page】



folder(F70)_